• iPhone 液晶 画面交換

    アイフォン 液晶
    アイフォンの液晶画面は、ガラスと液晶部分がセットになっており、
    ガラスの破損だけの場合でも、液晶部分とセットで交換になります。
    (構造上そうなっていますので、どのアイフォン修理店でも共通です。)

    よくガラスにヒビが入った状態で使っている方を見かけるのですが、
    確かに破損個所によっては使うことは可能なのですが、
    そこに液体が入ったり、砂埃や砂鉄等が入り込んだり、
    またガラス面を破損させてしまったりした場合、
    最悪なケースとして基盤をショートさせてしまい、
    完全にiPhone自体が使用不能になってしまう事も想定できます。

    基盤がショートしてしまうと、電源は入らないので使うことはもちろん、保存されていたデータも消失しicloud等にバックアップを取っていなかったら復旧も不可能になってしまう等、考えただけでも恐ろしい事態になる可能性があります。

    安さだけを前面に出している修理店はご注意。

    では、いざiPhone修理屋に液晶交換を依頼しようとするときにはちょっと待って下さい。
    最近、実際に他店で修理されたお客様からのお話なのですが、
    安いと思って修理を依頼したら、「フレームに傷が入っていた。」「液晶パネルが何か正規品より安っぽい。」
    「落としたわけでもないのにガラス面にヒビが入った。」等、
    後々と問題が出てきているようです。

    店も商売で営業しているわけですから、
    修理を請け負うにも「部品代」「人件費」がかかるわけです。

    人件費は、最低賃金が各市町村で定められているわけなので、なかなか下げられません。
    となると、安さを売りにするには「部品代」をコスト削減しないといけないわけです。

    部品代を安く仕入れる謳い文句には「大量仕入れ」とかありますが、
    液晶パネルを1つ取っても、仕入先によってはピンキリで存在しています。

    特にバッテリーは、このあたりが目立ちます。
    「安いバッテリー」「減りが早い。消耗が早い」等のリスクもありますのでご注意下さい。

    i+laboパルナ佐原東店では、良質な部品はもちろんですが、
    修理後の補償もなんと6カ月(半年)もお付けしていますので、
    安心してお任せいただけます。

    お気軽にご相談ください。

    修理価格表はこちら